ディスクロージャーポリシーDisclosure Policy

(1)情報開示の基準

 当社は、会社法、金融商品取引法等の諸法令及び証券取引所の定める有価証券上場規程(以下、「上場規程」)に従い、情報開示を行います。そのほか、諸法令及び上場規程に該当しない情報についても、株主・投資家の皆様にとって有用と思われるものは積極的に開示します。

(2)情報開示の方法

 金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類は金融庁の提供する電子開示システム(EDINET)にて、上場規程に該当する情報は東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて開示します。
 また、上記を含む開示すべき情報は原則として当社ウェブサイトに掲載します。ただし、当社が開示している情報のすべてが掲載されていない場合、他の方法よりも掲載が大きく遅れる場合があります。

(3)公平な情報開示

 当社は、特定の者に対して未公表の重要な情報を選択的に開示することを避け、公平な情報開示を行います。株主・投資家の皆様との対話においては、公表され、周知となった事実あるいは一般的なビジネス環境等の情報に限り言及します。

(4)沈黙期間の設定

 当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日までの一定期間を「沈黙期間」に設定しています。この期間は、決算に関する質問への回答やコメントを差し控えることとしています。

(5)社内体制の整備

 当社は、本ディスクロージャーポリシーに基づき、適時、適切な情報開示を行えるように社内体制の整備、充実に努めます。