因幡電機産業の価値創造プロセス

因幡電機産業は「多様な商材とユーザーニーズとの橋渡し」「安全な社会資本の整備への貢献」「人と技術と環境の調和」の3つの価値創造に取り組んでいます。
「省エネルギー、省資源など地球環境に配慮し、豊かで快適な社会づくりに貢献する」を経営の基本理念として、健全な財務状況を保持すること、社員・拠点・企業ネットワークの力を高めること、そして当社の財産であるお客様・仕入先様との信頼関係を構築することに全力で取り組み、盤石な経営基盤を備える企業を目指して成長してきました。
その経営基盤の上で戦略的に電設資材事業・産業機器事業・自社製品事業を展開し、電設資材業界のリーディングカンパニーとして、社会インフラを支える商品・サービスを提供しています。
同時に事業を通じて、ESG課題に取り組んでいきます。

中期経営方針・目標

中期経営計画(2020~2022年度)

因幡電機産業は、中期経営計画の策定にあたって、経営環境の変化や計画の進捗状況に応じ、最新の業績予想をベースに向こう3カ年の数値目標を更新するローリング方式を採用しています。
2020~2022年度の中期経営計画における最終年度(2023年3月期)の数値目標は連結売上高2,860億円、連結営業利益143億円です。
当社を取り巻く経営環境は、首都圏の再開発や2025年開催予定の大阪万博に向けた需要が期待されるものの、新型コロナウイルス感染症拡大による企業活動の停滞の影響等により、先行き不透明な状況にあります。
このような環境の中でも、当社は中長期的な成長を目指し、①自社製品(PB商品を含む)の開発・拡充、②省エネ・省力化ソリューションの推進、③首都圏市場におけるシェア拡大、④グローバル展開の加速といった重点施策を着実に実行していくことによって企業価値の最大化を追求していきます。

中期経営計画における数値目標

重点施策①自社製品(PB商品を含む)の開発・拡充

コア製品である「因幡電工」ブランドとして業界に広く認知されている被覆銅管や空調配管化粧カバーの安全性、耐久性、施工性等の改良を重ね、高機能化や多機能化を図り、新たな需要を掘り起こします。
また子会社パトライトは表示灯や回転灯の分野において国内外で高いシェアを持っており、新製品の開発等を通じて更なるシェア拡大を目指します。

重点施策②省エネ・省力化ソリューションの推進

LED照明をはじめとした環境配慮型商品の拡販に加え、省力化に向けた協働ロボットの導入やシステム構築等の支援に注力します。

重点施策③首都圏市場におけるシェア拡大

当社は西日本での売上比率が高く、首都圏は市場規模の観点から成長の余地があること、東京オリンピック後も首都圏の再開発需要の継続が期待されることから、積極的な人材投入によって首都圏市場の需要の取り込みを目指します。

重点施策④グローバル展開の加速

タイにある海外子会社(SIAM ORIENT ELECTRIC CO., LTD.)による空調部材の製造や、子会社パトライトが持つグローバルな販売網を活用し、グループ一丸となって積極的な海外展開を推進します。

因幡電機産業のマテリアリティへの展開

因幡電機産業の社会的責任におけるマテリアリティ(重要項目)

因幡電機産業では、多方面にわたる社会的責任に関する項目について、「社会にとっての重要度」と「当社にとっての重要度」を考慮してマテリアリティ項目(重要項目)を選定しています。
ESG経営を効果的に推進するため、選定したマテリアリティ(重要項目)を社会的責任を果たすためのCSR戦略に昇華させ、取り組みを展開していきます。


因幡電機産業のマテリアリティ・マトリックス


多様な商材とユーザーニーズとの橋渡し

お客様と仕入先様をつなぐ最高のハブ(結節点)になる~因幡電機産業のビジネスモデル~

自動車の部品点数は2~3万点と言われていますが、住宅はそれを上回る10万点。ビルや商業施設、生産工場となればさらに多くの部材が使用されることになります。因幡電機産業は多様な部材調達を必要とするお客様に、機能・品質・価格のバランスのとれた商品をタイムリーに提供するとともに、それらに関する技術提案や技術支援を行っています。
他方では、多様な商材を取り扱う仕入先様とパートナーシップを構築し、公正な取引の下で顧客満足度を高めるべく切磋琢磨しています。また安全衛生への取り組み、環境への取り組みを仕入先様との協働で推進しています。

全てのステークホルダーに応える「社員の力」と「企業統制」

因幡電機産業の社員は、お客様を理解し、商品を知り、提案力を磨き、技術力を身につけ、それらを通じてお客様の期待を超えられる技術商社のプロフェッショナルとして、日々努力をし続けています。
またステークホルダーの皆様のお役に立ち続けるため、企業統制をしっかりと行っています。

安全な社会資本の整備への貢献

社会インフラに支えられる暮らしと産業

私たちの生活や産業は、多くの社会インフラ(社会基盤)に支えられています。送電網や配電設備等の電力インフラ、道路や電車等の交通インフラ、移動体通信・ⅠPサービスを支える通信インフラ、さらにはビルや住宅等の建築物も大切な社会インフラです。
今、日本ではこれらの老朽化への対策が急務であると同時に、東京オリンピックや大阪万博等の大きな社会イベントを契機として、これからの50年を支え続ける新たな社会インフラの整備が進められています。

安全・安心な社会資本の整備のために

因幡電機産業は安全・安心な社会資本の整備に寄与するために、人や建物に対する脅威を技術的に洗い出し、様々な使用条件に適合する商品・サービスを提供しています。
防火、耐震、耐騒音、防水、耐風、避雷、防犯、安全な施工等、当社が向き合う安全・安心の領域は広がっていきます。

人と技術と環境の調和のための取り組み

変化するライフスタイル と 進化する技術

私たちのライフスタイルは日々変化しています。 デジタル化の進展はビッグデータを生成し、それらをAIで活用できる世の中を生み出しました。コミュニケーションの多様化やキャッシュレス化という形で私たちの生活にも定着しつつあります。
また女性や高齢者、外国籍の方が活躍し、遠隔会議やテレワークが普及しだす等、働く人材と働き方が多様化しました。因幡電機産業は技術を用いて生産性と品質を向上すると同時に、より働きやすい環境づくりに貢献していきます。

Society 5.0の実現 ~ 先進技術を誰もが使えるやさしい技術へ

情報とモノ・技術の融合が図られる「ⅠoT」が進展し、今ではフィジカル空間とサイバー空間の融合による便利な社会、Society 5.0の実現が目指されています。因幡電機産業は日々進化する先端技術を広く普及させるだけでなく、先端技術を「誰もが使えるやさしい技術」へと変えるお手伝いをしていきます。

持続可能な社会の実現

経済発展や技術革新により生活は豊かになりましたが、一方で地球温暖化、環境汚染、資源の大量消費が問題になっています。因幡電機産業は持続可能な社会の実現のため、再生可能エネルギーの普及や高度制御技術の導入支援等を進めています。