コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

因幡電機産業は、電設資材及び産業機器等の卸販売並びに空調部材等の製造販売を通じて「省エネルギー、省資源など地球環境に配慮し、豊かで快適な社会づくりに貢献する」ことを経営の基本理念としています。
信頼される企業であり続けるため、コンプライアンス経営を第一義として、成長と変革によって企業価値の最大化を図り、すべてのステーク・ホルダー(株主、投資家、社員、取引先、地域社会等の利害関係者)にご満足いただける企業を目指します。
これらの実現には、基盤となるコーポレート・ガバナンス体制の構築が重要課題であると同時に、高い倫理観、社是にいう「誠の心」をもってその運用を推進することが不可欠であると考えています。

会社機関の概要

因幡電機産業は、監査等委員会制度を採用し、取締役会及び監査等委員会により職務執行の監査・監督等を行っています。取締役の職務執行の監査・監督等を担う監査等委員を取締役会の構成員とすることで、取締役会の監督機能及び監視体制を強化し、コーポレート・ガバナンスの充実を図っています。また、取締役会が業務執行の決定を広く取締役に委任することを可能とすることで、業務執行と監督を分離するとともに、経営の意思決定を迅速化し、企業価値の向上を図っています。
取締役会では、経営上の意思決定及び職務執行の監督を行っており、経営の監督機能を強化するため社外取締役を複数選任しています。
監査等委員会では、各監査等委員が監査等委員会で定められた監査方針、監査計画等に従い、監査等を行っています。

コーポレート・ガバナンスのための会社機関

内部統制システムに関する基本的な考え方及びその整備状況

因幡電機産業は、コンプライアンス委員会を設置し、リスクマネジメントと企業倫理・コンプライアンスを統合して推進しています。また内部監査を行い、倫理性・透明性の高い事業活動を実践できるよう遵法精神の浸透を図っています。
事業に関わるリスクマネジメント体制は、各事業部門に落とし込んで構築しています。危機発生の際には、対策委員会を設置し、迅速な対応、対策を講じます。

内部監査及び監査等委員会監査、会計監査の状況

(1) 内部監査

社長直属の専任部門である監査室は、社内規定「内部監査規定」に基づき、内部監査を行っています。定期的な監査等委員への報告、会計監査人との意見交換等により、監査等委員と会計監査人を含めた三者間の連携を密にしています。

(2) 監査等委員会監査

監査等委員会監査は、社内規定「監査等委員会規定」に基づき、取締役会その他重要な会議への出席、業務及び財産の状況に関する調査等により、取締役の職務執行における適法性、妥当性の確保に努めています。
社長及び監査等委員でない取締役との定期ヒアリングによる経営方針及び課題等の把握、監査室との緊密な連携、会計監査人との積極的な意見及び情報の交換等により監査等委員会監査の実効性を高めています。

(3) 会計監査

因幡電機産業は、有限責任監査法人トーマツと監査契約を締結し、継続して会計監査を受けています。