PoEについて ABOUT

PoE(Power over Ethernet)の概略

給電スイッチングハブや給電アダプタなどを用いてLANケーブルを通して、
Webカメラや無線LANのアクセスポイントなどに電力を供給するための技術です。
LANケーブルは特殊なものを準備する必要が無く一般的なLANケーブルを使用できます。
但し、供給する電力の大きさにより使用するLANケーブルが指定されます。

概略図

※「IEEE 802.3af」対応はカテゴリー3以上 1ポート当たり出力電圧48V(最大57V)、最大15.4Wの出力が可能です。
※「IEEE 802.3at」、別名「PoE plus」対応はカテゴリー5e以上 1ポート当たり出力電圧50V(最大57V)、最大30Wの出力が可能です。

POE製品のご注意

LANケーブルを通して電力を受給しますが、LANケーブルに低圧配線等が接触した場合、外部からのノイズ等により誤動作や不具合発生の要因となる可能性があります。内線規程においても弱電流電線と低圧配線との隔離が規定されておりますように、必ずLANケーブルと低圧配線は直接接触しないように敷設をしてください。

アバニアクト PoEシリーズラインナップ

TOPへ戻る